シニア向け賃貸住宅は安心できる
2022年7月12日

賃貸物件に住み続けるか持ち家を持つか

賃貸か持ち家のどちらかで悩まれる方がお見えになります。毎月決まった家賃を支払いながら借り続ける賃貸か、毎月決まったローンを返済しながら土地と家の権利を手に入れる持ち家か、どちらが得かということを考えてしまうのです。ですが、実際にはどちらにもメリットとデメリットがあります。賃貸の場合、その住居の権利自体は手に入れることが出来ません。

借りる際には家主と契約を行い、所定の費用を支払うことも必要です。ですが、持ち家の場合に発生してくる税金の支払いが無いというメリットがあります。他にも、維持管理費や修繕費用なども基本的には不要です。毎月の家賃はそういった費用も加味した上で設定されており、修繕が必要な場合は家主の負担で行なわれるのです。

また、引っ越しを行う際は非常にスムースです。事前に契約を解除する必要はありますが、小難しい手続きは一切ありません。その上、退去時の室内の状況が問題ない場合には最初に支払った費用が返金される可能性もあります。この費用を引っ越し費用にあてがうことも可能なのです。

逆に持ち家の場合は税金の支払い義務が発生します。土地や建物を所有しているとして、毎年税金を支払わなければなりません。代わりに、土地と建物の所有権を手にすることが出来ます。自身の持ち家を保有しているということは、賃貸に比べて気を使う必要もありません。

その上ローンさえ返済してしまえば、その後は支払いが税金のみになります。どちらを選ぶかは、家庭の環境や資産を残したいかどうかで判断すると良いでしょう。

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です